• 睡眠と美容の関わりは?

    綺麗になりたいけれど辛い運動や食事制限をしたくない、というときは睡眠を見直してみませんか。実は、眠りと美容には大きな繋がりがあるのです。私たちの肌は、肌の奥で生まれた細胞が少しずつ上に押し上げられ、古い肌は剥がれ落ちて新しい肌に生まれ変わっています。

    それがターンオーバーという現象で、夜10時から深夜2時頃に起きます。

    このとき分泌される成長ホルモンがターンオーバーの重要な役割を担っているのですが、成長ホルモンは深い眠りに入っていないと分泌されにくくなります。睡眠不足が続くと分泌量が減りターンオーバーが遅れたり、女性ホルモンの分泌も減って、美容の大敵である肌の乾燥や肌荒れの原因になります。また、成長ホルモンは脂肪を分解して痩せやすい体にしてくれる働きもあります。ですから、この時間帯にしっかり寝ているように早めの就寝が理想的です。

    アラプラスのことならこちらのサイトが便利です。

    それから、睡眠不足になると食欲をコントロールするホルモンの分泌が乱れて、カロリーを過剰摂取してしまいます。
    自分ではたくさん食べているつもりはないのに知らないうちに体重が増えていた、というような場合はこれが原因かもしれません。
    寝ている間にもカロリーを消費するので1日7〜8時間寝るようにしましょう。
    美容のためにより良い睡眠にするには、眠る前にリラックスした状態になるようにします。



    体温を上げると寝付きがよくなるのでゆっくりお風呂に入ったり、足のマッサージや靴下を履いたりして体を温めると良いです。



    アロマを焚いたりホットミルクを飲むのも心が落ち着きます。
    そして、照明を落として眠る気持ちを引き出します。

    くれぐれも、遅くまでスマホやパソコンをいじるのはやめましょう。